グローバル・エスエフでは、世界の逸品を紹介しています。

header_logo.gif

最近の記事

2011年08月21日

安藤忠雄(アンドウタダオ)

1941年大阪生まれ。建築家。
世界各国を旅した後、独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。
環境との関わりの中で新しい建築のあり方を提案し続けている。
代表作に「光の教会」「大阪府立近つ飛鳥博物館」「淡路夢舞台」「FABRICA(ベネトンアートスクール)」「フォートワース現代美術館」「東急東横線渋谷駅」などイェール大学、コロンビア大学、ハーバード大学の客員教授を務め、1997年に東京大学教授、03年から名誉教授に。著書に「建築を語る」「連戦連敗」「建築手法」「建築家 安藤忠雄」など。


A.N-TABLE
安藤忠雄氏が兵庫県直島の「地中美術館」のために設計したチェアとテーブルがこのシリーズのルーツとなります。美術館内部には竣工当時、当社が直島オリジナルの特注品として制作した同製品が設置され、現在も使用されています。一貫したコンセプトのもとに設計された建物、インテリアの中で家具も調和の中に抜群の存在感を見せています。




A.N-CHAIR
兵庫県直島の「地中美術館」のために設計したテーブルに合わせて、同時に発表されたチェアです。チェスナットの無垢材を使用しておりますので、以下の点にご注意下さい。天然素材なので、表面に出てくる木の目、カラー、節など1脚ずつがそれぞれ違ってきます。




A-CHAIR
今や日本が世界に誇る建築家の一人となった安藤忠雄氏が手掛けたチェアです。同氏のデザインした家具が販売されていることは極めて珍しいといえます。ウォールナット材という硬質な素材の特性を生かし、背もたれをはじめ、あらゆるディテールにおいて線(ライン)が美しい椅子に仕上がっています。


posted by Mark at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Home & Living | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
header_logo.GIF

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。